自分の手で新しい街づくりを

ビルディング事業部

係長齋藤 裕公2008年入社

ビルディング事業部の中堅として、当社が保有するビルへのテナント誘致やリニューアル、メンテナンス等、貸ビルに関わる一切の業務を担当。
最初のミッションは、約100億円で購入した麹町ビジネスセンターにテナントを誘致すること。
購入したからには早く満室にしなければならないため、非常にプレッシャーがかかる仕事だったが持ち前のバイタリティで無事完遂。
また、吉祥寺の第37荒井ビルでは、大規模リニューアルやデッドスペースとなっている場所を有効活用することにより、同ビルの収益向上に大きく貢献した。

荒井商店に入社した動機・決め手は何ですか?

少数精鋭のプロフェッショナル集団であり、専門的な不動産ノウハウを吸収し不動産のプロに成長できる環境に魅力を感じました。
入社後も、入社前に感じたように、不動産経験を持つ人が先輩として沢山いて、多くのことを教えてもらうことができました。
また短期的な目線で不動産投資を行うのではなく、中長期的な目線で不動産投資を行うことが可能な財務基盤があるということにも魅力を感じました。

荒井商店に入って良かったと思うことは何ですか?

部署ごとの横のつながりが良好な会社です。
それぞれが培った知識・ノウハウを出し惜しみせず、会社全体として問題を解決していくという風土が根付いています。
とにかく、一つの案件に対して、仲間が一丸となって頑張れるという環境が、会社や仲間に対して感じる大きな魅力ですね。

荒井商店に入社して一番苦しんだこと、それを乗り越えた経験は?

不動産業は他業種に比べ、動かす金額が非常に大きく仕事上、ありとあらゆる業種のお客様と関わります。
だから常に大きな責任が付いてきますが、その分、契約に至った時や問題を解決したときに得られるやりがいは非常に大きいです。
第40荒井ビルのリニューアルを担当した際は、物件を購入した直後に東日本大震災が発生したため、BCP対策など顧客のニーズが大きく変わっていて、 新たな設備の導入が必要でした。苦労しましたが、リニューアルの後は早期に契約に至ることが出来ました。
この経験で、常にアンテナを高く持ち、社会情勢や顧客ニーズなどを的確に掴みとっていくことが非常に重要なことであると学びました。

今後の目標、目指す姿、それを実現するために意識していることは何ですか?

不動産の知識をもっとレベルアップさせていきたいです。
資格取得等の自己啓発は勿論ですが、私達の仕事は、弁護士や一級建築士、金融機関などその道のプロとの関わりが非常に多いので、そういう方々との交流の中からも積極的に知識を吸収していきたいと思っています。
また、私がリニューアルやテナントの募集を担当した第37荒井ビルのように、あと数年程で建替えとなる物件が今後次々と出てきます。
つまり、ビルを建て直し、「新しい街づくり」をするということですね。
そういう重大なミッションがこれからも待っているので、もっともっと勉強しなければいけないと思っています。

社会人の先輩として一後輩へメッセージを一言お願いします

当社では、若い方の柔軟な発想やバイタリティが必要です。
プラス思考で物事を考えられ、就職を仕事のやりがいや自己の成長の視点で考えている人と一緒に、「新しい街づくり」をしていきたいです。

少人数だからこそ他人には負けない得意分野を持て

不動産事業部

部長篠田 紀一郎1994年入社

入社当時は住宅事業部にて分譲マンション「マートルコートシリーズ」の企画・開発を担当し、数十棟のプロジェクトを推進。
その後は、現在の不動産事業部にて主に収益不動産の売買を担当。
二子玉川の案件を皮切りに、表参道千代田ビルや麹町ビジネスセンターの購入など、大規模なプロジェクトの責任者として数多くの実績を持つ。
30代で部長に昇格し、現在、不動産事業部長として同部門を統括する。

荒井商店に入社した動機・決め手は何ですか?

就職活動のときから社員100人以下の会社を希望しました。
平成5年は平成バブルの崩壊で企業がかなり弱っており、会社の中が見通せる会社を選んでいました。
名前と事業内容と社員のギャップ。荒井商店の洗練された事務所空間にも驚きを覚えました。
また完璧な買い手市場だったのに、一人一人を大切に扱ってくれたのも大きな理由です。
規模は小さいですが事業が多岐に亘っていて、厳しい環境の中でも「何か新しいことが出来ないか」ということを常に考えながらチャレンジしている(またチャレンジさせてくれそうな)会社だったので入社を決めました。

荒井商店に入って良かったと思うことは何ですか?

「本当に新人にこんな重要な仕事を任せるんだ」ということにまず驚きました。
当時は本当に放置プレイ(笑)。見て覚えろ、自分で考えろ!と言われたので、私は、とにかく外部の方と色んなコンタクトを持つことにしました。
社内で聞いて覚えても、所詮それは会社内のレベルの話であって、社外の活きた情報や技術・知識こそが、 本当の存在価値を生み出すものと考えたからです。
また荒井商店では、その情報や知識を社内でしっかり取り上げてくれました。
少人数だからこそアットホームな雰囲気。一方、みんなの仕事ぶりがよく見えるため厳しい面もありますが、 しっかり社員をサポートしてくれる会社です。

荒井商店に入社して一番苦しんだこと、それを乗り越えた経験は?

入社当時は分譲マンションの仕入・企画・開発を担当しました。
自分で情報を集め、土地を取得し、企画し、開発のための近隣説明もします。
自分が購入したので、我が子のように可愛い土地ですが、周囲の近隣から建設を反対されることもありました。
近隣の方に理解をしてもらうために、まず自分を信頼してもらえる関係を構築することが一番苦労しましたね。
誠意を持って近隣の方と接することで、ようやく理解を得られ、プロジェクトは無事完遂。
最終的には近隣の方からも自身の結婚を祝福してもらえるまでになりました!

今後の目標、目指す姿、それを実現するために意識していることは何ですか?

少人数であるからこそ、これだけは他人に負けない、得意な領域を持つことですね。
皆で同じ仕事をしていても、なかなか人間の幅は広がらないと思います。
「この分野だったら篠田」と言われるように、自分の得意分野をしっかり持つことです。だから、私は部長だからといって部下の領域を侵すことなく、お互いが尊重し合い、協力していくことが大事だと常に考えています。
不動産の仕事は投資額が大きく、リスクもあり、失敗すれば会社に多大な影響を及ぼします。
リーマンショックの時は、前年度最高益の会社がバタバタ倒産していきました。会社を維持・発展させるためには、時代の流れをしっかり掴み、冷静な判断が必要です。
表面的な情報ではなく実際はどうなんだ?と常に疑問を持つこと。それでいて、他社とは違う大胆な発想の展開も重要です。
日本経済は混沌とした状況が続いていますが、今後も不動産業界で生き残っていくために、「荒井商店の強みは何か?」ということを常に意識しています。
これから各不動産会社は、当社の特徴である医療・介護分野にも益々参入してくると思いますが、当社は既に30年以上前から取り組んでいます。当社の強みを活かし、他社には出来ない新たな事業展開を考えていきたいと思っております。

社会人の先輩として一後輩へメッセージを一言お願いします

とにかく若いうちは色んな事に興味を持ち、色んな事を体験してもらいたいと思います。
当社では好奇心旺盛な方、大歓迎です。やりたいこと、買いたいものがありすぎて困っているくらいの人が丁度いいと思います。
当社を好きになってくれ、私たちと一緒に荒井商店の将来を支えてくれる元気で明るい方お待ちしております!

困難だけど大手にはない仕事のおもしろさ

不動産ソリューション部

課長代理飛川 太郎2012年入社

当社のソリューション事業をビル賃貸事業やシニア事業に並ぶ柱にするために、2年前に大手不動産会社から転職。
任される範囲や責任が大きく、大手企業では経験できない「仕事のおもしろさ」に惹かれ当社に入社を決意。
入社して最初の業務は、不動産オーナー様の代理人となり物件の売却先との交渉及び契約書の作成だった。
代理人として、売主のメリットを十分踏まえ、買主との間で譲れない部分や妥協して良い部分などをしっかり判断しながら、落としどころを見つけることがミッション。
順調に成長するソリューション事業の中核の社員として現在活躍中。

荒井商店に入社した動機・決め手は何ですか?

社長と創業者である会長の顔が見える風通しの良さです。
当社はワンフロアーなので気軽にトップとも話せる環境です。これが大企業にはない魅力の一つですね。
また、もうひとつの決め手は、主力のビル賃貸収入を基礎とした安定した経営基盤があるので、 新しいことにチャレンジできる環境が整っていると感じたからです。

荒井商店に入って良かったと思うことは何ですか?

大手と違い分業制ではなく、一つのプロジェクトを一貫して自分が担当できるので、当事者意識を持って仕事に取り組めることです。
社長に直接案件の説明を行い、指摘を受ける機会もあります。
社長には、事前に契約をする旨を報告するのですが、契約に至る過程で、詰め残している部分を的確に指摘されます。
その際に、経営者としてのリスク管理の視点を学ぶことができます。
詰め残しは少なくなってきていると思うのですが(笑)。
当社では若手であっても社長と直接やり取りする場面があるので、自己成長を感じる機会も非常に多いです。

荒井商店に入社して一番苦しんだこと、それを乗り越えた経験は?

顧客の不動産を一部上場企業に売却仲介した案件では、当事者である顧客以上に その不動産について理解していなければ顧客の信頼を得ることが出来ませんでした。 対象の不動産を理解するためには、市場調査や役所調査を行い、市場価値や取引リスクを明確にする必要があり、時間と手間がかかります。 この仕事を通じて「準備の大切さ」を改めて学びました。当然ですが、時間と手間を惜しまない姿勢こそが顧客から信頼を得るために一番必要なことなのです。
不動産ソリューション部が取り扱っている案件は、大手不動産会社があまりやりたがりません。 それは、手間がかかり、難易度が高く、収益につながるまで、時間がかかる案件が多いからです。
大手の場合、通常3ケ月毎に売り上げ目標が掲げられるため、必然的に売りやすそうな案件に流れる傾向にあります。 しかし当社は、収益基盤が安定しているので、時間に追われることなく案件に向き合うことが出来るのです。
だからお客様は、「荒井商店だったらなんとかしてくれる」と期待を込めて特別な案件を紹介してくれます。 単に右から左ではなくではなく、時間をかけてじっくりソリューション(解決)に取り組める。 そこに「仕事のおもしろさ」があります。

今後の目標、目指す姿、それを実現するために意識していることは何ですか?

自分自身の軸を確立することです。ですので日記をつけています。
1週間単位で振り返ると自分自身を客観視できるので、 自分の弱い部分や、やりがいを感じる部分などを見つけることができます。

社会人の先輩として一後輩へメッセージを一言お願いします

自分自身の譲れない部分を持って社会人として働いて下さい。
自分の課題や問題を認識した謙虚な目線を持ちながらも、上司などから指示されたことが自分の考えることと違う場合に、ただ従うのではなく、しっかりと自分の考えたことを相手に伝えることが大切だと思います。

異色の経歴を経て、今は経営の舵取り役

企画室

室長上山 英二1995年入社

入社して経理部で約6年間勤務した後、営業部門を長年経験し、現在は企画室の責任者という重責を担う。
当社の新規事業や経営戦略等を計画・立案することがミッション。
経理部では、当社が不動産を購入する際、銀行からの資金調達を担当。
非常にやりがいはあったが「もっと本業の不動産にじっくり関わりたい」という積年の思いから営業部門への異動を志願。
分譲マンション販売や収益不動産の売買を担当する傍ら企画室も兼任。入社から幅広い業務を経験し、2014年より企画室長に抜擢。

荒井商店に入社した動機・決め手は何ですか?

まず、不動産が好きだったことです。
学生の頃から「不動産」と言うと金額を大きくて、凄そうだというイメージがありました。 そして、荒井商店を知った時に、少ない人数で大きな売上を上げていることに魅力を強く感じました。
ビル賃貸、分譲マンション、病院事業など、普通の不動産会社ではない事業展開をしていることも知り、入社したらいろいろな事が出来そうだと思ったのが入社を決めた理由です。

荒井商店に入って良かったと思うことは何ですか?

どの部門においても、仕事の全体像が把握できることです。
全社員がワンフロアにいるので、他の部署の仕事もなんとなく分かることです。
また何よりも、関谷社長ご自身が偏ったところが無く、会社の事業全体をバランスよく見られているからこそ、 会社全体が風通しが良い環境になっているのだと思います。
あと、一連の業務を全部一人で任されて出来ることですね。大手企業とは違って、自分の担う業務、仕事の割合が大きい。 だから、その分、責任感を持ってやりがいを持って仕事ができます。

荒井商店に入社して一番苦しんだこと、それを乗り越えた経験は?

会社の中では比較的部署異動をしている方で、異動の都度新しい仕事を覚えなければならないことや、年齢が上になるとそのくらい出来て当然と思われるので、その中で成果を上げることが初めは大変でした。
営業部に異動してからは、元々人と接することが得意ではなかったので、お客様とのコミュニケーションで悩みましたが、先輩に指導して頂きながら、自分がこれまで行ってきた管理業務を活かせる仕事を担当させて頂いたお陰で、新たな環境にもスムーズに入ることが出来ました。
2014年から企画室長として、会社の目指すべき方向性を考え、そのために事業内容、同業他社やマーケットの分析、また新規事業の提案などを行っています。
何が正解なのかの判断が難しく、また間違った方向へ会社を誘導してしまう危険がある仕事なのでプレッシャーも大きく、今まさに苦しんでいる最中ですが、その分やりがいも大きいです。
経営の舵取り役として、こんなに重要なポジションを任されるのも当社ならではですね。

今後の目標、目指す姿、それを実現するために意識していることは何ですか?

会社の目指すべき方向性を考える上で、今後の日本が不動産業界にとって望ましいマーケットであるとは言い難い状況にあると思います。
その中でどのように生き残っていくのか、を考え実行していくのが私、企画室の仕事だと思っています。
そのために常にマーケットや時代の流れに目を向け、自社の強みを生かし、またセコムグループの一員としての特徴を生かせる不動産会社の在り方を常に考え、実現していきたいと思っています。
今は、とにかく情報収集を徹底して、自分にまだ不足している知識を身につけていくことを意識して、貪欲に勉強をしています。

社会人の先輩として一後輩へメッセージを一言お願いします

大手と比べて、仕事一つ一つの規模は確かに小さいかもしれませんが、一人でできる仕事の大きさは、恐らく当社の方が大きいと思います。
そういうことにやりがいを感じ、柔軟な発想を持ち、いろんなことに興味が持てる人に当社を選んで欲しいと思います。

新人対談

夢は2年後に計画している吉祥寺の
荒井ビルリノベーションに関わること

ビルディング事業部

前野 聡美2014年入社

ビルディング事業部

副部長福島 浩章1995年入社

福 島

前野さんが当社に入社した動機・決め手は何ですか?

前 野

大学ではタウンマネジメントを学んでいて、就職先も「街づくり」に携われる仕事と決めていました。
しかし不動産業が具体的にどのような仕事をしているかわからなかったので、とにかく興味を持った会社にはまず説明会に参加してみようという考えで、 様々な会社に行ってみました。
その時に出会った「荒井商店」という社名はやはりインパクトがありました。
説明会に参加してみると、人事の皆様そして多くのリクルーターに迎えられ、そして関谷社長が直々に会社説明をして下さいました。 この時点で、他社にはない学生への熱意を感じました。
「荒井商店」という気さくな社名と業容(売上、資本金など)のギャップも魅力の一つですね。
また、13年ぶりの新卒採用ということでしたが、入社について不安は全くありませんでした。
私たち以外は不動産のプロの先輩しかいないということなので、そのような環境に思い切って飛び込んだら、 きっと学べることがたくさんあるんだろうなという気持ちが強かったです。

福 島

荒井商店本体としては荒井会長・関谷社長以下で総勢40~50名しかおりませんので200坪程度のオフィスにワンフロアーで見渡せるわけです。 良くも悪くも中小企業体質でアットホームなところもありますが、荒井グル―プ全体 (病院、介護)で考えれば2,000名以上の従業員がおりますので、 そういった面で言えば上場企業並みの規模です。当社はその中枢機能を担いますので、業務は実に多岐にわたります。

入社して半年間の研修を終え、今年度末まではOJTの一環で、案件が立てこんで繁忙が続く不動産ソリューション部の業務支援を行ってもらっておりますが、 仕事はどうですか?

前 野

毎日、学ぶことが尽きないのであっという間に一日が終わります。充実しています。
研修中は、上司に言われたことをメモに取って覚えるというのが主でしたが、今は自分が契約書を作成するなど責任を伴うことが増えてきました。
入社半年で、こんなにも重要な仕事を任されるのは、やはり荒井商店だからです。
ミスがあってはならないし、分からない部分は上司に確認をとりながら作業を進めています。
簡単なように思えますが、数多くの仕事を正確にそしてスケジュール通りにこなしていくのは、非常に難しいことなんだなと日々実感しています。
自分の行動に責任を持ったり上司の指示を仰ぐという習慣は、社会人の基本スキルだと思います。
来期からのビルディング事業部では、この成長ぶりをぜひ発揮したいです。

前 野

福島副部長のご経歴と現在の仕事について聞かせて下さい。

福 島

入社当初は、ビルディング事業部勤務を強く希望し、配属されました。
理由は、大企業にはないリアルな実業を早く学び、身につけたかったからです。その後入社7年目から経理部財務担当に異動となりました。
数百億円の資金管理に関わる業務、主に金融機関との資金借入に関わる折衝担当ですが、それに携わり、 世の中のいわゆる決算数値で動く世界の仕組みを目の当たりにしました。 借入総額数百億円と言えば、一部上場企業並みの規模です。これは大変勉強になりました。
約13年間、財務の仕事を続けてきましたが、入社20年目の2014年の8月に、今度は再度ビルディング事業部への配属となりました。
大企業ではなかなかできない経験をさせてもらいました。
これからは、古巣の主力部門(ビルディング事業部)で、部門の収益力アップに貢献したいと思っています。

福 島

前野さんが当部に配属になったらどんなことをやってみたいですか?

前 野

テナントが「荒井商店のビルに入りたい」という魅力づくりをしてみたいです。例えばリノベーションです。
赤坂にある第8荒井ビルを初めて見た時、なんだかレトロで可愛い!と思いました。
この外観を活かして、カフェや美容室ができたらおしゃれだなと思います。
また、2年後に計画している吉祥寺のビルの建て替えにも是非携わり、吉祥寺らしいおしゃれで綺麗なビルを、自分の手で作り上げたいです。
あとは、流行りのテナントや業種をいち早く察知して誘致をしてみたいです。
不動産のプロは社内にたくさんいますが、20代女性は私しかいないので、私にしか出来ない情報提供をどんどん会社にしていきたいです。
新人の話を聞いてくださるのも、荒井商店ならではの環境だと思います。

福 島

まずは「石の上にも三年」、与えられたポジションで出来れば楽しみながらとことん学びとって、 その中から自分の得意分野または強み、あるいは自分の興味のある分野を探して、早く確立して下さい。
それから、時代の流れをつかんで是非、職務上で新しい手法を提案して、少し古い体質の残る当社に新しい風をおこしてください。
これは会社全体にとっても、時代に乗り遅れないようにするために極めて重要なことですし、若手社員の意気に掛っております。
おそらく当社の上層部もそれを望んでいますので。

前 野

「前野さんだからこそこの仕事を任せるよ!」と言ってもらえる人材になることが目標です。 不動産業界に女性は少ないですが、ネガティブに考えることなく、女性ならではの視点を活かしながら、どんどん活躍したいです。